矯正歯科治療の年齢

矯正歯科治療の年齢について

子供の矯正歯科の年齢と特徴

子供の矯正歯科デビューの年齢は主に歯が生え揃った頃からでも対応できるケースが多いでしょう。早期の治療は将来的な外科的な措置や成人の矯正治療を回避できるなどメリットがあります。子供の矯正治療は顎の骨の成長を利用したケースが多い為、床矯正と呼ばれる、歯並びが綺麗に生え揃う空間になる様に歯列を整える等の方法を採用する矯正歯科も多いでしょう。早期での治療は口癖の意識や本人が歯への関心を持ってくれる事もありますが、一方で顎の成長が止まる高校生くらいまで続く事もあるので、長期的な治療になる事がデメリットにもなります。

子供に必要な矯正歯科

子供のうちから矯正歯科を始めることで、成長に合わせて調整が行われ大人になってからも安定した歯列を手に入れることが出来ます。また、最近の子供は食環境の変化から、顎が小さく永久歯に生え変わる際、歯の生えるスペースがなく歯が重なって生えたり、斜めに生えてしまうことがあります。その場合、歯列は悪くなり噛み合わせも悪くなるため十分に噛まずに食べてしまう習慣がついてしまったり、虫歯になりやすくなります。大人になってから矯正歯科を始めることも出来ますがその前に健康な歯が無くなってしまえば治療することもできません。健康な歯を維持するためにも、まだ小さいからと思わず早くから関心をもって定期的な検査を行い必要に応じて治療を始めましょう。

↑PAGE TOP