子供の矯正開始時期

子供の矯正開始時期について

矯正歯科で子供の歯並びを治す

子供の歯並びが悪いと、矯正した方が良いのではないかと心配される親御さんも多いでしょう。矯正は大人になってからでも出来ますが、小さい頃の方が負担を減らすことが出来るので早い方が良いです。では、矯正歯科での治療はいつからが良いタイミングなのかというと、8~12歳頃が最適です。大半の乳歯が抜けている8歳から永久歯が完全に生え揃う12歳は、顎の調整をするのにも適していて矯正の痛みも少なく済むからです。状態によっては目立つ器具を使わなくて済むので負担も少なく精神的にも安定する時期なので、8歳頃には歯並びのチェックをして、矯正歯科での治療を検討するのが良いでしょう。

子供のときに治療すると良い

矯正歯科には子供のときに行っていると短い期間で終わるので、不安が少なくなります。現在では歯並びが悪い人が増えているので、なるべく早く治療をすると大人になっても綺麗な状態を保てます。料金についても安く済むのが良いところです。子供が矯正歯科で治療するときには、複数の方法で治療ができるようになっているので、その人に合わせた方法を選びましょう。治療はコンプレックスになりやすいのですが、現在では治療をしていることがわからないようにできるものもあります。歯の裏側にワイヤーを通すものや、マウスピースでも治療ができます。

↑PAGE TOP